坂下宿から土山田村神社まで徒歩で

By , 2017/02/16

かねてからの念願だった鈴鹿峠越え。
本日、徒歩で行ってきました。

JR河曲駅から関まで、関から亀山のコミュニティバスで坂下宿まで。
JRが事故により20分遅れで、関で昼食の予定が亀山に変更。
坂下宿から田村神社まで約8km、途中かなり急な坂が0.6kmほどありますが
鈴鹿峠からは緩やかな下り坂。約2時間の行程でした。

帰りは田村神社から「あいくるバス」(甲賀市のコミュニティバス)で貴生川まで行き、
JR草津線・関西本線で河曲駅まで。

今回参考にしたのが風人社の「ホントに歩く東海道」13集と14集。全集行きたいですね。

ルートは下記の通りです。

鈴鹿峠にある芭蕉の句碑
IMG_20170216_132335
「ほっしんの初めにこゆる鈴鹿山」
句意は 一念発起して旅に出ようと決心し、初めて越えていくのが鈴鹿の山だ。
出家遁世の初めに、鈴鹿の山を越えて行脚に出たとの意味。
西行の世を遁れて伊勢の方にまかりけるに鈴鹿山にて、「鈴鹿山うき世をよそにふり捨てていかになり行くわが身なるらん」がある。
鈴鹿山は歌枕として近江、伊勢の国境の山であり、鈴鹿の関は古代三関の一つ。

 

 

新名神を下から見た風景。

IMG_20170216_141302

 

 
IMG_20170216_141313

Leave a Reply

Panorama Theme by Themocracy