Category: 古代

飛鳥ポタリング

By , 2017/11/16

今日は妻と三女の三人で飛鳥自転車散歩。
三女のN-BOXに20インチ折畳自転車と26インチスポーツ車2台を何とか押し込んで
鈴鹿を出発、例のごとくブランチを天理の「やよい軒」でとり、まずは高松塚古墳へ。
駐車場で自転車を組立てスタート。
コースは下記のとおりですが一部未達成。次回に持ち越しとなりました。

念願だった「栗原の野仏」を見ることができて満足でした。
「右おか寺」と刻まれています。いつ頃置かれたのでしょうね。
image2

明日香の高台からみる二上山。
futagami

正倉院展

By , 2017/11/02

またまた奈良です。
今日は第69回正倉院展に行ってきました。
待ち時間を読売新聞の正倉院展サイトで調べたら、午後1時過ぎがよさそうなのと
13:30から展についてのボランティア解説があるようなので、少し時間ができました。
例のごとく「やよい軒」(今回はロードサイドの)でサンマ塩焼き定食を食べ、
旧上ツ道を往復20㎞ほど自転車で走ってみました。
「興福寺」~「京終駅(きょうばて)」~「帯解寺」~「和爾下神社
IMG_20171102_114039

奈良町~正倉院

By , 2017/10/12

先週に引き続き山辺の道第二弾を歩く予定でしたが、あいにく雨が降ってきたため
奈良町散歩に変更、傘を買ってそぞろ歩きとなりました。
昼食は定番となった「やよい軒」、今回の参加者はボク、妻、次女、三女。
まずは開化天皇陵を参拝。
IMG_20171012_110758
奈良町の古い家屋や町並みを見て奈良公園では鹿せんべいを買って餌やり。
東大寺南大門の金剛力士像を拝観して、正倉院へ。
中学校で習った校倉作りの思ったより大きな正倉院を見ることができて感激しました。
IMG_20171012_132434

山辺の道・その一

By , 2017/10/05

今日は山辺の道第一弾。
参加者はボク、妻、長女、次女の四人。
JR奈良駅のすぐ前の駐車場に車を止め、「やよい軒」で食事。
奈良交通のバスで破石(わりいし)まで。
頭塔を見て新薬師寺から百毫寺~崇道天皇陵~帯解寺まで約8㎞を歩きました。
頭塔は玄昉の首塚ともいわれています。また吉備真備のお墓といわれる「吉備塚」や
藤原広嗣を祀った「鏡神社」が新薬師寺の中に勧請されています。
ちなみにもともとの鏡神社はボクの故郷唐津にあるんですよ。
詳しくはこちらのサイトをどうぞ。
IMG_20171005_125028 (1)

日本武尊能褒野墓

By , 2017/03/01

昼から以前から行きたかった「日本武尊能褒野墓」へ。
自宅からはクルマで10分程度のところです。

江戸時代までは鈴鹿の白鳥塚がヤマトタケルの墓だといわれていましたが
明治時代に亀山の能褒野にある前方後円墳が正式に政府により治定されました。

takerumap

IMG_20170301_134815
IMG_20170301_134914
古事記によると、ヤマトタケルが三重の村に着いたときに

「足が三重に曲がったまがり餅のように腫れて曲がって戦いに疲れ果ててしまった。」
と言ったとさてています。

この言い伝えが一般的に三重県の県名の由来だとされていますが、
古代の地名は地形によるものがほとんどで、
古い四日市の群名である三重は鈴鹿川の水(み)辺(べ)の意味から~みへ~みえ~と
なったとする方が合理性があるとされているようです。

奈良橿原神宮周辺散策

By , 2016/11/24

朝8:00に鈴鹿をスタートして、奈良橿原へ。

ボクと妻、次女、三女の四人で、神武天皇陵から今井町、畝傍山、橿原神宮と散策を楽しんできました。
総行程約10km、途中今井町での昼食を入れて4時間ほど。

今井町は江戸時代からの町並みを継承しており、古いお屋敷が多く存在していました。一見の価値ありです。

畝傍山の麓橿原で第一代神武天皇が天下を治めたとされるのがBC660年。
綏靖~安寧~懿徳と第四代までの天皇陵が畝傍山の周辺にあり、今日はすべて参拝してきました。

また、畝傍山にも登ってきました。地元のお年寄り達の散歩コースになっているようです。
畝傍山山頂からの眺め(中央下右寄りの小高い山は天香久山)
1479981485037

Panorama Theme by Themocracy