Category: 古代

日本武尊能褒野墓

By , 2017/03/01

昼から以前から行きたかった「日本武尊能褒野墓」へ。
自宅からはクルマで10分程度のところです。

江戸時代までは鈴鹿の白鳥塚がヤマトタケルの墓だといわれていましたが
明治時代に亀山の能褒野にある前方後円墳が正式に政府により治定されました。

takerumap

IMG_20170301_134815
IMG_20170301_134914
古事記によると、ヤマトタケルが三重の村に着いたときに

「足が三重に曲がったまがり餅のように腫れて曲がって戦いに疲れ果ててしまった。」
と言ったとさてています。

この言い伝えが一般的に三重県の県名の由来だとされていますが、
古代の地名は地形によるものがほとんどで、
古い四日市の群名である三重は鈴鹿川の水(み)辺(べ)の意味から~みへ~みえ~と
なったとする方が合理性があるとされているようです。

奈良橿原神宮周辺散策

By , 2016/11/24

朝8:00に鈴鹿をスタートして、奈良橿原へ。

ボクと妻、次女、三女の四人で、神武天皇陵から今井町、畝傍山、橿原神宮と散策を楽しんできました。
総行程約10km、途中今井町での昼食を入れて4時間ほど。

今井町は江戸時代からの町並みを継承しており、古いお屋敷が多く存在していました。一見の価値ありです。

畝傍山の麓橿原で第一代神武天皇が天下を治めたとされるのがBC660年。
綏靖~安寧~懿徳と第四代までの天皇陵が畝傍山の周辺にあり、今日はすべて参拝してきました。

また、畝傍山にも登ってきました。地元のお年寄り達の散歩コースになっているようです。
畝傍山山頂からの眺め(中央下右寄りの小高い山は天香久山)
1479981485037

Panorama Theme by Themocracy