Category: 日記

今日の夕食

By , 2015/12/17

木曜日なので魚中心。

スズキ、アジ、マグロの刺身
IMG_20151217_191333

カレイの煮つけ(40cmと結構大きかった)
IMG_20151217_191731

頂いた牛レバー甘辛煮おいしかった。
IMG_20151217_184740

人生の秋に

By , 2015/12/16

鈴鹿図書館で借りた「ひとり、家で穏やかに死ぬ方法」の中に
著者が紹介していた一編の詩がありました。
IMG_20151216_102823

こんな詩です。
————————————————————————-
「最上のわざ」
この世の最上のわざはなに?
楽しい心で年を取り、働きたいけど休み、
しゃべりたいけど黙り、失望しそうな時に希望し、
従順に、平静に、おのれの十字架をになう。

若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見ても、ねたまず、
人のために働くよりも、謙虚に人の世話になり、
弱って、もはや人のために役立たずとも、親切で柔和であること。

老いの重荷は神の賜物、古びた心に、これで最後のみがきをかける。
まことのふるさとへ行くために。

おのれをこの世につなぐくさりを少しずつはずしてゆくのは、
真にえらい仕事。
こうして何もできなくなれば、それを謙虚に承諾するのだ。
————————————————————————
ボクは今のところ心身ともにいたって健康ですが、こんなことが少し心に響くのは、
そろそろ秋に踏み入れているお年頃だということですかね。

長女誕生日

By , 2015/12/09

今日は長女の誕生日。
何回目かは伏せておきます。
夕食は手巻きずしと茶碗蒸しでした。

サーモン・イカ・タコ
IMG_20151209_173634
マグロのたたき
IMG_20151209_174615
ハマチの酢〆
IMG_20151209_171837

 

リッターのピーラー

By , 2015/11/29

開業以来10年間ほぼ毎日使っていた「リッターのピーラー」が壊れました。
プラスチックの柄の部分の一部が欠けました。
IMG_20151129_141905
さすがにドイツ製の世界のベストセラーだけに使いやすく、重宝しました。しかも安い!540円
まだ使えそうですが、すぐにアマゾンで同じものを購入しました。
刃は鋼とステンレスがあるのですが、切れ味は鋼刃の方が勝っているようです。

魚の日

By , 2015/11/19

毎週木曜日は基本的に夕食は魚尽くしの魚の日。
鈴鹿市白子漁業協同組合直営の鮮魚直売所「魚々鈴(ととりん)」で新鮮な魚を
買って、刺身や焼き魚、煮魚、フライ等に料理して家族全員で食べる日なのであります。
若干一名魚が苦手な者がおりますが(妻)、他は刺身から煮つけまで何でもOKです。
かく言うボクも子供の頃は魚が全くダメで食事のメニューがボクだけ違っていたと弟や妹に
いまだに言われてなんだか申し訳ないような、でも食べられなかったからな~と気を遣って
くれた母親に感謝しております。でも今は刺身を筆頭に魚大好きです。

で、今日の夕食担当はボクなのでこんなものを作ってみました。
上から「さごし」と「まなじ」と「あじ」の刺身盛り合わせ。
「さごし」はさわらの小さいもので通常焼き魚で食べるのが普通ですが今日は刺身。
もちもちした食感でなかなか美味しい。「まなじ」ヘダイ)は鯛科ではないけど
鯛に似たスズキ科の魚ですが安いのに美味しかった。黒鯛やキビレなども鯛と遜色ないのに安いのです。
IMG_20151119_183132
レモンって結構刺身に合うんですよね~

ボクの大好きな「〆サバの炙り」
IMG_20151119_194916

キハダマグロ切り落としの竜田揚げ、妻もOK。
IMG_20151119_192730

ということで、魚料理と豆腐の茶碗蒸しあんかけの夕ご飯でした。
今晩は妻の妹も加わって8人での賑やかな夕食でした。

雨の奈良へ

By , 2015/11/19

万葉集の詠まれた風土を訪ねて歩きそれぞれの歌を偲ぶ、犬養孝著「万葉の旅」の
上巻は現在の奈良県にあたる「大和」。万葉集のいちばんはじめの雄略天皇の歌
詠まれた泊瀬朝倉宮跡(はせあさくらのみやあと)をたずねました。あいにくの雨。
広い道路が整備され昔の面影はありませんが、山の方に目を向けるとああこのあたり
だったのだな、と何かを感じさせるものがありました。
IMG_20151118_123439

次に向ったのは三輪にあるわが国最古の神社といわれる「大神神社(おおみわ)」
祭神の大物主大神は酒造の神様としても有名です。
まだ真新しい直径1.5mの大きな杉玉が拝殿に吊り下げてありました。
IMG_20151118_125658

お昼は広陵の手打ちそば「はやし」さんへ。
はやしさんの前にもう一件そば屋さんに寄ったのですが、その件はまた別途。

最後に「樫原神宮」へ。
IMG_20151118_153047
御本殿の特別参拝へ。檜皮の葺き替え工事が行われている機会に本来入ることのできない空間を
体験できるとのことで、今回の創建125年初めて御本殿参拝を逃せば当分は入れないといわれております。

開業10周年

By , 2015/11/16

本日で開業10周年を迎えました。

2005年11月16日に開業、5年前に現在の店舗へ移転。
長かったような短かったような、まあ、それなりの展開ではありました。

これもひとえにご利用くださいましたお客様のおかげ、
蕎麦屋稼業をささえてくれた家族のおかげです。

75歳くらいまでは継続しようと思ってはいるのですが、先のことはわかりません。

「厳木町史」関連
うつぼ木に関する記載です。
PDFになっています。クリックすると開きます。

うつぼ木1

うつぼ木2

うつぼ木3

重量7kg強、総3,224頁「厳木町史」

By , 2015/11/15

11/3祖母、母の法事で帰省した際にバス停「田久保」を家族で見に行き、
我が先祖はこのあたりに住んでいたのかと感慨を新たにしたのですが、それ以上の
ことは何も知らないわけで、なんだか片手落ちな感慨でして、もっとルーツみたいな
ところを知りたくなりました。

そういえば昔「ルーツ」というアメリカの黒人をテーマにしたTVドラマがありました。
まあ、ドラマ「ルーツ」みたいなそんな大げさなことではないのですが、なにか
手ががりはないかと思い、そうだ中学か高校のころ町の図書館で厳木町史をみたことがあり
そこに町名の由来が記載してあったことを思い出しました。

今は唐津市に併合されており、町の図書館はないだろうからたぶん佐賀県立図書館に
はあるはずと、佐賀県立図書館のweb蔵書検索で調べたら最近刊行された立派な町史が
ありました。でも帯出禁止図書になっており佐賀市内に住んでいる妹に頼んでもダメ。
そこで唐津市役所厳木支所へ電話したら一般販売用の在庫本があるとのこと。
でもお値段が上・中・下・資料編の4冊で¥11,000と結構する。購入したいのは
やまやまだけど、日銭を稼ぐ蕎麦屋としては他に方法はないか探ってみました。

まずは国立国会図書館。さすがにありました。でも東京と京都。複写サービスが
あるのですが買ったほうが安い。だめもとで三重県内全図書館の蔵書検索が可能な
MILAI(Mie Library Advanced Information Network System)で検索したらなんと
三重県立図書館にあり、しかも帯出可ではありませんか!
IMG_20151115_132627
さっそく11/11定休日に借りてきました。
大部な本です。
上・中・下・資料編4冊合計重量7kg強、総ページ数3,224P

じっくり読みます。

田久保のルーツについては後日まとめてみます。
乞うご期待(だれも期待していない?)。

名護屋城跡

By , 2015/11/13

11/3祖母と母の法事が終わったその日の宿泊先は鎮西町名護屋の「大望閣」というホテル。
部屋が3つある20畳ほどの特別ルームに家族7人全員で宿泊。イカと佐賀牛の夕食、
盛りだくさんの朝食、たのしい仲居さんと大満足でした。

翌朝他の家族は朝風呂に入っている間、すぐ近くの「名護屋城跡」を少しだけ散策。
生まれ育った地元とは言いながら名前だけしか知らなかったのですが、
いや~中々の規模を誇る、さすが太閤秀吉が建てさせたお城です。
当時の名だたる戦国大名たちが城下に陣屋をかまえ、朝鮮半島へ出陣して
行ったのですね。

壱岐・対馬、その先の朝鮮半島を望む天守閣跡からの眺め。
IMG_20151104_070235

青木月斗という俳人が詠んだ句「太閤が睨みし海の霞かな」
まあ秀吉のわがままでみんな迷惑したのだね。
IMG_20151104_065751

三重県立図書館&総合博物館

By , 2015/11/12

本を借りるため三重県立図書館に行ったのですが、近接する県立総合博物館で
「夢と挑戦のステージ・ホンダのF1と鈴鹿サーキット」という企画展示をやっていたので
せっかくだからと¥1,000だして観覧しました。
IMG_20151111_190855
残念。
まあ昔の関係者ですから知っていることばかりだし、展示してあるF1マシンなども少ないし、
なんだか一企業のPRイベントみたいで、本当にこれが博物館が行う企画展示なんですか?
というのが正直な感想でした。

Panorama Theme by Themocracy