Category: 引越しそばプロジェクト

簾戸

By , 2010/10/30

次の店舗用の建具をYahooオークションのアンティーク・建具でいろいろ探しています。
もちろんいいものを安くゲットする!が鉄則です。

すでに、間仕切りドアー用に使うかなりしっかりした引き戸を二枚セットで落札したのですが、
パーテーションのいいものがなかなかありません。

何気なくオークションを見ていたら「簾(す)戸」の安いものが三セットも同じ方からでています。
しかも、鈴鹿の方です。締め切りまで7時間。すぐに入札。
無事に最低落札価格でゲット。全部で2900円。送料も取りに行くのでかかりません。

昨日の夕刻引取りに行ってきました。あらためて今日チェックしてみましたが経年の傷みや劣化
はあるものの、目隠し・パーテーションなどいろいろと使えそうです。

sudo

こういうのって、楽しいですよね~

店舗駐車場予定地の草取り

By , 2010/10/24

お昼の営業終了後、次の店舗の駐車場として借りる畑の草取り。

300㎡約90坪あります。普通車で11台駐車できる広さ。

一年くらい手入れされずに放置されていたので雑草が伸び放題です。

すべてを駐車場として使うためには大量の砂利を入れる必要があります。

とりあえずは6台程度使える範囲で整地して砂利を入れる予定です。

男手はボクと長男だけなので、今日は草刈と整地の要領を長男の海に手ほどき。

休みの日や時間があるときに手伝わせるのです。

P1010001

「引越しそば」の由来

By , 2010/10/22

「引越しそば」が誕生したのは江戸時代末期。
江戸っ子が始めた習慣だそうです。

引越しの挨拶がわりにそばを選んだのは、「おそばに越してきました」に引っかけ、
末永くよろしくという江戸っ子ならではの洒落からだとか。
安価でもあり、「細く長続きする」その姿が縁起が良いと好まれ、関東地方を中心に広まりました。
隣近所へは2枚ずつ、大家さんへは5枚ほど、そばを持参して挨拶したそうです。

そもそも、そばが縁起の良い食べ物とされたのは、室町時代。
関東三長者の一人、増渕民部が「世の中にめでたいものは蕎麦の種 花咲き実りみかどおさまる」と
詠み、年越しに振舞ったのが由来の一つだそう。
蕎麦の種は、三角稜形をしていることから「三稜(みかど)」と呼ばれたので、「みかど=帝」とかけて
めでたい意味を持たせています。

「年越しそば」「棟上そば」をはじめ、お祝い事に好んで食されるそば。
日本人のそば好きは有名ですが、引越しそばの習慣は関東大震災以降、自然と行われなくなったようです。
(「0からの引越し」から引用)

※室町時代の関東三長者とは朝廷より関東の支配を委託された人で、「小金」「増淵」「東金」。
江戸時代には商人になって「増淵家」は 年越し蕎麦を従業員にふるまったようです。

※なぜそばが選ばれたかというその他の説
「そばはお金を集めるという縁起の良いもの」と言われていたからだそうです。
当時のそばは「そばがき」といって、そば粉に熱湯を加えて練ったもので、
金を扱う職人たちはこの粘着性を利用して金箔を集めていたということです。
こうしたことから、そばは「お金を集める縁起物」とされました。

いいね~あやかりたい!

もちろん、弊店引越しの際にはご近所の皆さんと弊店のお客様に「引越しそば」を振舞います。

引越しそばプロジェクト始動

By , 2010/10/21

この11月16日に開業5周年を迎える蕎麦空ですが、2011年2月に店舗を引越しすることとしました。
現店舗での営業は2011年1月中旬までとなります。

これに伴い、
現店舗の内装・外装、
各設備(給排水・電気100V&動力200V・照明・エアコン等)を
格安(50万円程度)にてお譲りします

テーブル・イス、厨房機器については移転先で使用予定のため含まれませんが、
ご希望であれば内装・外装、各設備と一式の居抜きでお譲りすることも可能です。
その場合は居抜き価格150万円程度となります。
ただし食器洗浄機につきましてはリースのため名義変更をして15540円/月が必要です。

また、店舗賃貸につきましては、「有限会社ワールド不動産」 059-383-7031
と別途契約をしていただくこととなります。

譲渡価格を含め詳細は 059-382-0077 蕎麦空までお問い合わせください。

Panorama Theme by Themocracy