ミシュランガイド

昨日、「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重 2019 特別版」出版記念パーティーに招待され、出席してきました。

弊店はミシュランプレートとして掲載されました。

©MICHELIN

ミシュランプレートとは星は付かないがミシュランの基準を満たした料理で適正な食材で作られている、という評価だそうです。
ランクで言うと一番上が三ツ星で、二ツ星、一ツ星、ビブグルマン、ミシュランプレートとなり、まあ言ってみれば末席をけがすという感じですかね。

この評価は利用いただいているお客様、食材等を提供していただいている取引業者さん、店を切り盛りしている妻、いつも手伝ってくれる子供たち、そのほか関係するすべての人達のお陰です。深く感謝いたします。

令和の時代に際し一つの区切りとして、また新たなスタートを切ることができると思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。

令和元年5月1日

平成最後の4月30日の午後営業終了後家族7人で鈴鹿を出発し、21:00に東京到着。
予約してあったイタリアレストラン「クチーナシゲ」で食事、ミシュランビブグルマン店で、コスパの高い大変良いお店でした。
予約してあったホテルは所謂ホステルというもので格安でしたが安全面と衛生面が悪く、お風呂は近くの銭湯を利用し、仕方がないのでその夜は我慢して宿泊。翌日は別のホテルを予約しなおしました。

令和元年5月1日は3グループに分かれ思い思いに東京・横浜を楽しみました。
夜は永田町黒澤で鹿児島豚のしゃぶしゃぶ。大変おいしくいただきました。

特筆すべき出来事がありました。
ボクと妻とは朝一番で靖国神社を参拝し、北の丸公園、武道館、皇居周辺を散歩し9:00ころ半蔵門を通りかかったら大勢の人だかり、何かと尋ねたら10:00ころ
天皇陛下がお入りなり、10:30からの「剣璽等承継の儀」に臨まれるという。
こんな機会はそうそうあるものではないし場所も大変いいところなのでお待ちすることに。
お目にかかることができました。
後日鈴鹿に帰ってYoutubeで令和の天皇陛下関連の動画を見ていたら、
なんと天皇陛下とともにボクたちが映っている動画を発見しました。
静止画にしてみました。令和元年のテロップの左下です。

5/2は銀座のスタバでモーニングコーヒー、合羽橋道具屋街で蕎麦関連の買い物をして、新大久保へ行くも異常な人だかりに恐怖を覚えそのまま通り過ぎて、前日も行った中目黒へ、気になっていた立ちそば屋で昼食、一路鈴鹿へ。
帰路の東名高速で見た富士山です。大変きれいな、まさに日本を象徴する山です。

とてもいい令和になりそうな予感がします。ありがとうございます。

M星1そば屋

江戸蕎麦 ほそ川
東京都墨田区亀沢 1-6-5
03-3626-1125
細川貴志
翁(東京・長坂)・竹やぶ(阿部孝雄)
・2005年8月訪店

矢もり
東京都中央区月島 3-9-7
03-6225-0633
矢守昭久
流石

玉笑
東京都渋谷区神宮前 5-23-3
03-5485-0025
浦川雅弘
瓢亭・竹やぶ・天ぷら近藤
・2005年8月訪店
・2019年5月1日訪店


東京都渋谷区恵比寿西 1-3-10 ファイブアネックス B1F
03-3477-2648
中島潤
永坂・更科堀井

そば切りなかむら
北海道北広島市大曲光 2-1-6
011-377-1223
中村靖明

手打蕎麦 こはし
北海道札幌市中央区北10条西21丁目 1-2
011-621-8482
小橋 敏之

手打ちそば まん作
北海道空知郡上富良野町西町 2-1
0167-45-6523
札幌の人気店で修業

伊達 翁
北海道伊達市弄月町 239-3
0142-21-2311
竹中広文
翁達磨・高橋邦弘

蕎麦たかま
大阪府大阪市北区天神橋 7-12-14 06-6882-8844
高間潤一
東京のそば学校
・2019年3月27日訪店

蕎麦切り Masa
大阪府大阪市西区靱本町 1-16-12
06-6225-3030
竹内正典
オーストラリア・大阪そば紀行

文目堂
大阪府大阪市中央区安堂寺町 2-2-26
06-7504-5260
前田貴志
凡愚・天笑
・2019年3月27日訪店


奈良県奈良市福智院町 23-2
0742-27-6868
島崎宏之
オーボエ奏者・春鹿
・2006年11月1日訪店(Jさん)

一如庵
奈良県宇陀市榛原自明 1362
0745-82-0053
桶谷一成
長野・愚庵・ろあん松田
・2019年4月3日訪店(Y・R)

おがわ
京都府京都市北区紫竹下芝本町 25
075-495-8281
小川幸伸
翁達磨・高橋邦弘
・2019年4月24日訪店(Y・R)

手打ちそば 笑空(えそら)
広島県尾道市土堂 2-5-15
0848-24-4737
原田明佳

いよ 翁
愛媛県伊予郡松前町鶴吉 5-5
089-984-3083
笘居 靖史
翁達磨・高橋邦弘

蕎麦<一つ星>
東京都 4軒
北海道 4軒
大阪府 3軒
奈良県 3軒
京都府 1軒
広島県 1軒
愛媛県 1軒
合計    16軒

昭和天皇のこと

今年のテーマが天皇を中心に日本の歴史をさらに深く知ることなのですが、子供のころ祖母と一緒に昭和天皇のお召列車を見た記憶があります。ただそれが何歳の時でどのような理由で天皇陛下が汽車で我が故郷厳木をお通りになったのかは全く分かりませんでした。

なんだかモヤ~とした感じを抱いていたのですが、先日市立図書館で皇室関連の書籍の棚をぼんやり見ていたら、「昭和天皇御召列車全記録」という本が目に留まりました。
この本は平成26年9月に公開された「昭和天皇実録」に記録されている昭和天皇の生涯にわたる鉄道乗車をリストアップし、他の公文書各種鉄道関連資料を調査して整理編集したものです。
1901年から1988年まで、昭和天皇の87年間約24万キロの鉄道体験であり、20世紀の日本の鉄道の歴史ともいえる内容になっています。

この本でボクのモヤモヤが解決できると確信し、内容を確認しました。
戦後巡行をされたことは知っていましたがボクが生まれる前のことで、生年の昭和29年以降の全国お召列車の路線図を見たら、載っていました。
国鉄唐津線です。高校3年間この鉄道で通学しました。まだ蒸気機関車が走っていた時代です。
実家が厳木駅のすぐ前で30秒でホームに行けます。何回か汽車に待ってもらったことがあります。近いのでかえって時間ぎりぎりまで家にいたのです。申し訳ございませんでした。

で、詳細を見たら昭和36年4月20日午後2時頃厳木を通過されたことがわかりました。当時6歳で小学1年生、祖母と一緒に国道203号線沿いに借りていた畑で天皇陛下をお迎えしたのでした。

一昨日4/17に今上天皇皇后両陛下が伊勢神宮に退位のご報告にお見えになるということで、今年はまだ行っていなかったのでボクも外宮へ参拝してきました。内宮は駐車場も満杯で雨も降っていたので諦めました。

4/18の今上天皇皇后両陛下の神宮へのご退位報告についてはメディアで多く報道していましたが、まるでアイドルみたいな取り上げ方でした。まあ、国民が皇室に関心をもちこの国の成り立ちや歴史を知ることはとてもいいことですね。

令和という新しい時代はもうすぐです。

弓道教室最終日

11/21が弓道教室10回目(教室そのものは11回目)
座射1手2射、立射1手2射、まだ的に中ったことはありません。安土(垜あづち)まではなんとか届きますが。
フォローアップとして継続するかどうか聞かれました。継続します。
道着を購入するよう勧められました。上下で10000円。12/1(土)に大津の大倉弓具店が出張販売に来鈴するらしいのでオーダーすることにしました。

今日で9月から始まった弓道教室も最終日。
教室は12回、ボクは一週遅れて参加したので11回。
座射2手4射、すべて外れ。

座射や立射をするときは入場から射を行い退場するまで3-5人のグループで行います。射礼に則った作法や自他の間、全体の間合いに注意しながらスムースに動くことが求められます。決まり事と手順を覚えるのが結構大変です。
個人武道スポーツでありながらチームスポーツでもあるし、礼法は小笠原流をくんでいるようですし、いろんな日本文化的要素も含んでいるところが興味深いですね。

12月以降は鈴鹿市弓道協会に入って協会員としてのフォローアップ教室となります。こちらは会費半期で1000円、教室1000円/月、スポーツ保険1850円。

今読んでいる弓道関連の本。

沢山の関連本があるので歴史や読書が好きなボクとしては知識欲も満たしてくれるのでいいものに巡り合ったと思っております。「弓道その歴史と技法」の著者松尾牧則さんとはFacebook友達になりました。そこでのやりとりで「弓射の文化史」著者入江康平さんは松尾さんの大学時代の指導教官だったらしいです。生意気ですが「弓道その歴史と技法」はこれまで読んだ関連本の中では一番良かったですね。

弓道教室九回目

9月からはじまった弓道教室も今日で九回目。

今日は4人で行う座射を二回合計4射、まともに矢が飛んだのは一回だけ。
イメージトレーニングはしていたのですがいざ現実に行射になると、体配に気がとられ、ただ立つだけでもあれ?右足だっけ左だっけ?となってしまいます。また跪坐という姿勢があって爪先は痛いし、膝を生かすと言って左ひざを少しだけ浮かせなければいけないのですが、これが上手にできない。バランスを崩してしまいます。みなさん普通にやっているのですが・・・

見るとやるのとでは大違いです。
的に中らなくてもいいけど普通に弓を射られるようになりたいものです。

再度体配のイメージトレーイングとゴム弓を使った射法八節の練習ですね。

弓道を体験してこんな本も読むようになりました。

弓道教室八回目

10/31が七回目、今日11/7が八回目(教室は9回目)。

先週から座射という行射の基本を学んでおります。
作法にのっとり入場から本座、射位での体配、射法八節を繰り返し練習します。といっても2~3回しかできませんが。あとは上位者の射を見て学びます。イメージトレーニングが大切だなと思いますね。イメージだけではなく実際に身体を使って体配や射法八節を徒手で練習することも大切です。
学ぶはマネぶですね。

ここ2か月毎週弓道の稽古をしているのですが、本当に学ぶことが多く退屈しません。今日先生が弓道は一生ものだとおっしゃっておりましたが、それだけの価値があるように思えてきました。的に当たればいいものではないようです。

稽古とは
古(いにしえ)を稽(かんが)えるという意味で、日本古来の伝統的な武道や芸道の修行、練習をいう。このことばは単にくり返しを意味するのではなく、技や芸に対する自己の確立や心の問題を理念、工夫していくところに特性がみられる。

弓道とは関係ないですが今読んでいる本。

故郷佐賀の小城藩の武士とその妻のお話。身近な地域の名称や佐賀藩の歴史なども書かれており、水戸光圀や五代将軍綱吉なども登場しなかなか面白い時代小説です。作者の葉室麟さんはもう亡くなっているようですが他にも多くの時代小説を書いておられます。直木賞作「蜩ノ記」や今上映中の「散り椿」などです。

花園、三重県予選惜敗

昨日息子が所属する四日市工業高校ラグビー部は花園出場をかけた三重県大会決勝、残念ながら朝明高校に21対17で負けてしまいました。でも3年間の努力が表れていたいい試合でした。

左上一番右、左下ボールを持っているのが愚息。

弓道教室六回目

10/24弓道教室六回目、立射の練習でした。
入場かから本座、射位までの体配、矢を二本持っての執弓、矢番え、射法などなど。まあ初めてなので当たり前なのですが中々作法が難しい、手順を覚えられないのです。加齢も原因しておりますが。まだまだたくさん作法はあるみたいで時間をかけて覚えるしかありません。

弓道教本だけではイメージしづらいので、Youtubeで動画を探しましたが初心者向けの基本動作を系統立てて説明しているものはほとんどありません
AmazonでDVD付きの弓道教本を検索したらよさそうなものを見つけました。スキージャーナル社の「DVDで学ぶ基本の弓道」定価2500円、もちろん中古の1200円のものをオーダーしました。

このスキージャーナル社は「弓具の雑学事典」などほかにも弓道関連の本を出していたのですが倒産してしまったらしく残念です。弓具の雑学事典は鈴鹿市図書館や県立図書館で借りることができます。

あと、弓道関連の記事をネットで見ていたらNHKアニメ「ツルネ」を見つけました。なんと10/22(月)00:10が第一回目、見逃しました。第二回目は10/29なので早速番組予約。第一回目はNHKオンデマンドで108円で視聴しました。

高校男子生徒の弓道物語なのですが弓射の細かいところも描かれていて初心者のボクには参考になります。