昭和天皇のこと

今年のテーマが天皇を中心に日本の歴史をさらに深く知ることなのですが、子供のころ祖母と一緒に昭和天皇のお召列車を見た記憶があります。ただそれが何歳の時でどのような理由で天皇陛下が汽車で我が故郷厳木をお通りになったのかは全く分かりませんでした。

なんだかモヤ~とした感じを抱いていたのですが、先日市立図書館で皇室関連の書籍の棚をぼんやり見ていたら、「昭和天皇御召列車全記録」という本が目に留まりました。
この本は平成26年9月に公開された「昭和天皇実録」に記録されている昭和天皇の生涯にわたる鉄道乗車をリストアップし、他の公文書各種鉄道関連資料を調査して整理編集したものです。
1901年から1988年まで、昭和天皇の87年間約24万キロの鉄道体験であり、20世紀の日本の鉄道の歴史ともいえる内容になっています。

この本でボクのモヤモヤが解決できると確信し、内容を確認しました。
戦後巡行をされたことは知っていましたがボクが生まれる前のことで、生年の昭和29年以降の全国お召列車の路線図を見たら、載っていました。
国鉄唐津線です。高校3年間この鉄道で通学しました。まだ蒸気機関車が走っていた時代です。
実家が厳木駅のすぐ前で30秒でホームに行けます。何回か汽車に待ってもらったことがあります。近いのでかえって時間ぎりぎりまで家にいたのです。申し訳ございませんでした。

で、詳細を見たら昭和36年4月20日午後2時頃厳木を通過されたことがわかりました。当時6歳で小学1年生、祖母と一緒に国道203号線沿いに借りていた畑で天皇陛下をお迎えしたのでした。

一昨日4/17に今上天皇皇后両陛下が伊勢神宮に退位のご報告にお見えになるということで、今年はまだ行っていなかったのでボクも外宮へ参拝してきました。内宮は駐車場も満杯で雨も降っていたので諦めました。

4/18の今上天皇皇后両陛下の神宮へのご退位報告についてはメディアで多く報道していましたが、まるでアイドルみたいな取り上げ方でした。まあ、国民が皇室に関心をもちこの国の成り立ちや歴史を知ることはとてもいいことですね。

令和という新しい時代はもうすぐです。

弓道教室最終日

11/21が弓道教室10回目(教室そのものは11回目)
座射1手2射、立射1手2射、まだ的に中ったことはありません。安土(垜あづち)まではなんとか届きますが。
フォローアップとして継続するかどうか聞かれました。継続します。
道着を購入するよう勧められました。上下で10000円。12/1(土)に大津の大倉弓具店が出張販売に来鈴するらしいのでオーダーすることにしました。

今日で9月から始まった弓道教室も最終日。
教室は12回、ボクは一週遅れて参加したので11回。
座射2手4射、すべて外れ。

座射や立射をするときは入場から射を行い退場するまで3-5人のグループで行います。射礼に則った作法や自他の間、全体の間合いに注意しながらスムースに動くことが求められます。決まり事と手順を覚えるのが結構大変です。
個人武道スポーツでありながらチームスポーツでもあるし、礼法は小笠原流をくんでいるようですし、いろんな日本文化的要素も含んでいるところが興味深いですね。

12月以降は鈴鹿市弓道協会に入って協会員としてのフォローアップ教室となります。こちらは会費半期で1000円、教室1000円/月、スポーツ保険1850円。

今読んでいる弓道関連の本。

沢山の関連本があるので歴史や読書が好きなボクとしては知識欲も満たしてくれるのでいいものに巡り合ったと思っております。「弓道その歴史と技法」の著者松尾牧則さんとはFacebook友達になりました。そこでのやりとりで「弓射の文化史」著者入江康平さんは松尾さんの大学時代の指導教官だったらしいです。生意気ですが「弓道その歴史と技法」はこれまで読んだ関連本の中では一番良かったですね。

弓道教室九回目

9月からはじまった弓道教室も今日で九回目。

今日は4人で行う座射を二回合計4射、まともに矢が飛んだのは一回だけ。
イメージトレーニングはしていたのですがいざ現実に行射になると、体配に気がとられ、ただ立つだけでもあれ?右足だっけ左だっけ?となってしまいます。また跪坐という姿勢があって爪先は痛いし、膝を生かすと言って左ひざを少しだけ浮かせなければいけないのですが、これが上手にできない。バランスを崩してしまいます。みなさん普通にやっているのですが・・・

見るとやるのとでは大違いです。
的に中らなくてもいいけど普通に弓を射られるようになりたいものです。

再度体配のイメージトレーイングとゴム弓を使った射法八節の練習ですね。

弓道を体験してこんな本も読むようになりました。

弓道教室八回目

10/31が七回目、今日11/7が八回目(教室は9回目)。

先週から座射という行射の基本を学んでおります。
作法にのっとり入場から本座、射位での体配、射法八節を繰り返し練習します。といっても2~3回しかできませんが。あとは上位者の射を見て学びます。イメージトレーニングが大切だなと思いますね。イメージだけではなく実際に身体を使って体配や射法八節を徒手で練習することも大切です。
学ぶはマネぶですね。

ここ2か月毎週弓道の稽古をしているのですが、本当に学ぶことが多く退屈しません。今日先生が弓道は一生ものだとおっしゃっておりましたが、それだけの価値があるように思えてきました。的に当たればいいものではないようです。

稽古とは
古(いにしえ)を稽(かんが)えるという意味で、日本古来の伝統的な武道や芸道の修行、練習をいう。このことばは単にくり返しを意味するのではなく、技や芸に対する自己の確立や心の問題を理念、工夫していくところに特性がみられる。

弓道とは関係ないですが今読んでいる本。

故郷佐賀の小城藩の武士とその妻のお話。身近な地域の名称や佐賀藩の歴史なども書かれており、水戸光圀や五代将軍綱吉なども登場しなかなか面白い時代小説です。作者の葉室麟さんはもう亡くなっているようですが他にも多くの時代小説を書いておられます。直木賞作「蜩ノ記」や今上映中の「散り椿」などです。

花園、三重県予選惜敗

昨日息子が所属する四日市工業高校ラグビー部は花園出場をかけた三重県大会決勝、残念ながら朝明高校に21対17で負けてしまいました。でも3年間の努力が表れていたいい試合でした。

左上一番右、左下ボールを持っているのが愚息。

弓道教室六回目

10/24弓道教室六回目、立射の練習でした。
入場かから本座、射位までの体配、矢を二本持っての執弓、矢番え、射法などなど。まあ初めてなので当たり前なのですが中々作法が難しい、手順を覚えられないのです。加齢も原因しておりますが。まだまだたくさん作法はあるみたいで時間をかけて覚えるしかありません。

弓道教本だけではイメージしづらいので、Youtubeで動画を探しましたが初心者向けの基本動作を系統立てて説明しているものはほとんどありません
AmazonでDVD付きの弓道教本を検索したらよさそうなものを見つけました。スキージャーナル社の「DVDで学ぶ基本の弓道」定価2500円、もちろん中古の1200円のものをオーダーしました。

このスキージャーナル社は「弓具の雑学事典」などほかにも弓道関連の本を出していたのですが倒産してしまったらしく残念です。弓具の雑学事典は鈴鹿市図書館や県立図書館で借りることができます。

あと、弓道関連の記事をネットで見ていたらNHKアニメ「ツルネ」を見つけました。なんと10/22(月)00:10が第一回目、見逃しました。第二回目は10/29なので早速番組予約。第一回目はNHKオンデマンドで108円で視聴しました。

高校男子生徒の弓道物語なのですが弓射の細かいところも描かれていて初心者のボクには参考になります。

弓道教室五回目

10/17弓道教室5回目、今日は巻藁。藁を束ねた直径50cm位で2mくらい先の巻藁に矢を射る練習をしました。実際に的に向かって射る前にこの巻藁で十分に練習し弓を射る形をしっかり身につけることが大切であり、とても効果的だそうです。姿見があり自分の姿勢を確認できます。初めてだったので一回しかできませんでしたが。

いろいろと覚えることが多いのですが、ゴム弓を使った練習は自宅でもできるのでとてもいいようです。ネットで検索していたら弓の握りの部分にゴムをつけて弓返りの練習もできるゴム弓が売っていました。でも2000円ほどします。懐がさみしいボクは当然DIYです。
弓の握りのサイズは幅9分(27mm)厚さはいろいろらしいので適当な端材で何となく似たような20cmほどの握りを作製し、弓返りするためには弦が弓の右側に来ている必要があるらしいので道具箱から百均のゴムが通りそうなヒートンを選び二か所に取付ました。


確かにちゃんと手の内ができていると弓返りします。
射法八節をイメージして練習。
製作費108円(百均のゴムだけ)でした。

弓道教室四回目&お手本

弓道教室は10/10で4回目(教室は5回目)、弓を使って弓返りと弽(ゆがけ)と取かけの練習。左手(弓手)も難しいけど、右手(馬手:めて)も難しい。

 

手打そば屋を開業する時にそば打ちの技術を習得しなければなりませんでした。
会社員時代に趣味で始めたそば打ちは本やDVDで学びました。

いろんな人の打ち方を参考にしましたが、一番上手だと思ったのが高橋邦弘さんでした。開業一月前に高橋さんのそば打ち道場で三日間だけでしたが教わりました。当時日本一と言われたそば打ちを目の当たりにし、しかも直接指導していただき、何とか及第点をいただいいて手打そば屋としてやっていけるという確信が持てました。

たとえその時点でできなくても、一流の技を目指すことは必要なことです。

今教わっている山田先生の射を昨日じっくりと拝見することができました。教えていただいていることがその射に表れていました。特に離れが印象的でした。4射とも的中でした。今も一流を目の当たりにしているわけです。

今はYOUTUBEで弓道の射も沢山の動画を見ることができます。いろいろと見てみましたが、YOUTUBEではとりあえずこの三人の方が上手だな~きれいだな~と思いました。

全部だと長いのでそれぞれの射を短く編集してみました。もちろんボクのイメージトレーニングで視させていただいております。

土佐正明 教士八段

近藤峯英 範士八段

吉本清信 範士九段

弓道入門三回目

弓道入門三回目(教室は4回目)。

今日は右手で弦をひく時に使う弽(ゆがけ)のつけ方、弦の掛け方を中心に、執弓(とりゆみ)の姿勢の構え方などを教わりました。
とにかく基本は弓道連盟の「弓道教本」だそうです。注文していた教本第一巻、第二巻が届きましたので、まずは第一巻を熟読ですね。

経験者や先生方の弓射を最後に見学しましたが、座り方・立ち方・歩き方などの体配が無駄なく自然にしっかりしている方がやはり弓射も美しく、的にもしっかり中っていました。
射法も難しいですが体配も難しいです。