弓道教室四回目&お手本

弓道教室は10/10で4回目(教室は5回目)、弓を使って弓返りと弽(ゆがけ)と取かけの練習。左手(弓手)も難しいけど、右手(馬手:めて)も難しい。

 

手打そば屋を開業する時にそば打ちの技術を習得しなければなりませんでした。
会社員時代に趣味で始めたそば打ちは本やDVDで学びました。

いろんな人の打ち方を参考にしましたが、一番上手だと思ったのが高橋邦弘さんでした。開業一月前に高橋さんのそば打ち道場で三日間だけでしたが教わりました。当時日本一と言われたそば打ちを目の当たりにし、しかも直接指導していただき、何とか及第点をいただいいて手打そば屋としてやっていけるという確信が持てました。

たとえその時点でできなくても、一流の技を目指すことは必要なことです。

今教わっている山田先生の射を昨日じっくりと拝見することができました。教えていただいていることがその射に表れていました。特に離れが印象的でした。4射とも的中でした。今も一流を目の当たりにしているわけです。

今はYOUTUBEで弓道の射も沢山の動画を見ることができます。いろいろと見てみましたが、YOUTUBEではとりあえずこの三人の方が上手だな~きれいだな~と思いました。

全部だと長いのでそれぞれの射を短く編集してみました。もちろんボクのイメージトレーニングで視させていただいております。

土佐正明 教士八段

近藤峯英 範士八段

吉本清信 範士九段

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です