弓道教室五回目

10/17弓道教室5回目、今日は巻藁。藁を束ねた直径50cm位で2mくらい先の巻藁に矢を射る練習をしました。実際に的に向かって射る前にこの巻藁で十分に練習し弓を射る形をしっかり身につけることが大切であり、とても効果的だそうです。姿見があり自分の姿勢を確認できます。初めてだったので一回しかできませんでしたが。

いろいろと覚えることが多いのですが、ゴム弓を使った練習は自宅でもできるのでとてもいいようです。ネットで検索していたら弓の握りの部分にゴムをつけて弓返りの練習もできるゴム弓が売っていました。でも2000円ほどします。懐がさみしいボクは当然DIYです。
弓の握りのサイズは幅9分(27mm)厚さはいろいろらしいので適当な端材で何となく似たような20cmほどの握りを作製し、弓返りするためには弦が弓の右側に来ている必要があるらしいので道具箱から百均のゴムが通りそうなヒートンを選び二か所に取付ました。


確かにちゃんと手の内ができていると弓返りします。
射法八節をイメージして練習。
製作費108円(百均のゴムだけ)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です