弓道教室六回目

10/24弓道教室六回目、立射の練習でした。
入場かから本座、射位までの体配、矢を二本持っての執弓、矢番え、射法などなど。まあ初めてなので当たり前なのですが中々作法が難しい、手順を覚えられないのです。加齢も原因しておりますが。まだまだたくさん作法はあるみたいで時間をかけて覚えるしかありません。

弓道教本だけではイメージしづらいので、Youtubeで動画を探しましたが初心者向けの基本動作を系統立てて説明しているものはほとんどありません
AmazonでDVD付きの弓道教本を検索したらよさそうなものを見つけました。スキージャーナル社の「DVDで学ぶ基本の弓道」定価2500円、もちろん中古の1200円のものをオーダーしました。

このスキージャーナル社は「弓具の雑学事典」などほかにも弓道関連の本を出していたのですが倒産してしまったらしく残念です。弓具の雑学事典は鈴鹿市図書館や県立図書館で借りることができます。

あと、弓道関連の記事をネットで見ていたらNHKアニメ「ツルネ」を見つけました。なんと10/22(月)00:10が第一回目、見逃しました。第二回目は10/29なので早速番組予約。第一回目はNHKオンデマンドで108円で視聴しました。

高校男子生徒の弓道物語なのですが弓射の細かいところも描かれていて初心者のボクには参考になります。高校時代に我が高校のマドンナが弓道部だったことを思い出しました。多くの男性のあこがれの対象となる女性をマドンナと言い、もちろんボクもそのうちの一人だったわけですが、なんとボクの親友の彼女だったのでやや複雑な気持ちでしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です