新そばの季節になりました

「新そばは ものも言わずに 人が増え」というのは江戸時代の川柳で
”新そばの季節は宣伝などしないでも沢山のお客さんがやってくるものだな”
ということ。

でも、東京(江戸)や信州などのそばの産地は別にして、ここ鈴鹿では
通用しないようす。

下の絵はミレーの最晩年の未完成の絵「そばの収穫、夏」

ミレー

ミレーはフランスのノルマンディー・シェルブール生まれで子供のころから
そばの栽培をみていたのでしょうね。

フランスではその昔「ガレット」(お好み焼きみたいなもの)として食べるのが
一般的だったそうです。

グルメの象徴フランス料理とは違い農村の悲惨な食べ物の象徴だったらしいのですが
収穫している農民たちはとても幸せそうです。
案外農民たちにとってはご馳走だったのではないでしょうか。

在籍している京都芸術大学のレポート試験で「新そば」をとりあげました。

評価 A 素点 85点
課題
みなさんの日常生活や仕事の場面で、あたりまえと思って見過ごしていたり、既に困っていることやモノやコトを丁寧に観察して見直し、問題を発見してその解決方法を考えてください。(1200字程度)
レポートでは、観察で得られた情報~問題の抽出~解決方法の提示、という順で書いてください。

解答
そばの「旬」を顧客に感じ取ってもらっているのだろうか?

 私の職業は手打ちそば屋である。
 「新そばハものもいわぬに人かふへ」〔大意〕「新そばの時期は特に宣伝などしなくても、そば屋にはつぎつぎと客が集まってくる。」という江戸時代の川柳がある。ところが、弊店では逆に客足が鈍る傾向がある。年間を通して一番来店客が多いのは8月であり、新そばが出始める秋口から冬にかけては減少していく。
 一時期は店頭に「新そば」という貼り紙をしてPRしたこともあったが、それを見たある顧客に「新しい種類のそばができたの?」と質問されとまどったこともあり、それ以来貼り紙をやめた経緯がある。
 
 単に手打そばを提供するだけではなく、日本の伝統食文化としての「そば食文化」を知ってもらい、新そばを「新しい種類のそば」ではなく、「旬を感じるそば」として楽しんでもらうためのデザインを考えてみたい。

観察で得られた情報

 接客担当者にヒヤリングした結果、今秋新そばを提供開始した10月26日から11月6日(冬至前日)の間の来客143人中、新そばについて言及した顧客は皆無であった。
 そこで、積極的に情報を収集するために「そばの旬」は春夏秋冬のどれであるか、について11月21日から11月24日に簡単なアンケートを実施した。回答者24名で、春13%、夏24%、秋50%、冬13%という結果だった。

問題の抽出

 もちろん新そばの旬は秋である。そばを食べに来た顧客であり、ある程度そばに対する興味や知識、情報は持っているはずであるが、「そばの旬」の認知度は思ったより高かくなかった。「新そば」を期待して来店している顧客はそれほど多くないのが現状である。
 
 前出の川柳は江戸時代であり、保管技術が進歩し一年を通じて品質の安定したそばの実を確保できる現代と違い、秋に収穫して越年して夏頃には品質は極端に低下しており、なおさら新そばならではの色や香り、風味は格別のものがあったはずである。逆に言えば、現代では「そば」そのもので旬を感じ取ってもらうことは、かなり難しいといえる。

解決方法の提示

 弊店では開業以来、長野県のそば粉だけを製粉業者から購入して使用していたが、今年11月21日から石臼自家製粉に移行した。石臼導入の際に、全国各地からそばの実をサンプルで取り寄せたが、その中に広島県比和産の早めに刈り取った緑色が際立つものがあった。その実を製粉してそばを打って試食したが、これまで見たことのない鮮やかな緑色のそばで風味もフレッシュさを十分に感じ取ることができた。

 本年度の新そばの時期は終了したが、今後次の3つのプロトタイプを実施する。
 1.メニューなどで季節ごとのそばの俳句を紹介し、年間を通じてそば食文化を知ってもらう。
 2.初秋にそばの花を展示して、収穫の時期を期待させる。
 3.インパクトのあるそばの色とフレッシュな風味で「旬」を感じることのできる新そばを
  提供して、 顧客の驚きを喚起する。

 私なりのさまなざまな「おもてなしのデザイン」に取り組んでいきたい。

本文総文字数 1241字

註・参考文献

参考文献
・早川克美『私たちのデザイン1 デザインへのまなざし―豊かに生きるため思考術』(芸術教養シリーズ17)、藝術学舎、2014
・岩崎信也『江戸っ子はなぜ蕎麦なのか?』(光文社新書)光文社、2007
・鈴木健一『風流 江戸の蕎麦 食う、描く、詠む』(中公新書)中央公論新社、2010
・浪川寛治『俳諧蕎麦ばなし―そばの俳句でそばを読む―』グラフ社、2002

久しぶりの熊野古道

5月2日と3日は、ボクと妻、次女、三女、四女の五人でほぼ二年ぶりの熊野古道でした。

一日目は尾鷲の「おとと」でランチ、JR新鹿駅発12:33の列車で波田須駅まで3分。そこから、徐福の宮~波田須の道~新鹿海岸というルートで、特に急な坂もなく、約90分の食後の散歩程度のトレッキングでした。

妻お気に入りの「花の窟神社」へ、これで三回目、縄文を感じる場所です。

熊野市内で銭湯に入り、ホテルへ、ホテル1Fにある居酒屋「しんたく」で家族飲み会、ここは何を食べても大変美味しいです。超おすすめ!

二日目は朝5時に夫婦と四女で七里御浜を散歩。

JR熊野駅8:24発大迫駅までこちらも3分。松本峠へ向かいます。かなり観光地化した熊野古道で、たくさんの観光客がボクたちが歩き終えた後次々に登っていました。
松本峠の東屋からは七里御浜が一望できます。

熊野から新鹿海岸に行き、浜に流れ込む川で手足と顔を洗いさっぱりしてから、昨日と同じ尾鷲の「おとと」でランチ、毎日でも食べたい食堂です。家族全員のお気に入りです。

トレッキング「便石山」

尾鷲の「便石山(びんし)」へ、次女、三女、妻の4人。標高は599mとそれほどでもないのですが、急な石畳の階段が多く、一連のトレッキングでは一番厳しい山道でした。

山頂は林の中です。用意してきたコンロでお湯を沸かし、みんなで温かい飲み物をいただきました。

頂上から少し下ったところにある「象の背」からは尾鷲湾が眺望できますが、結構怖い場所ではあります。

トレッキング「霊山」

名阪国道伊賀ICをおりて霊山寺の駐車場に車を停め、標高766mの霊山へ。

今日は次女と妻の3人。小さな子供も家族と気楽に登ることのできる往復2時間弱の登山道です。山頂に平安時代から江戸時代にかけ寺院があったそうです。

標高はそれほど高くはないのですが、頂上からは伊賀盆地や青山高原、室生の山の素晴らしい眺望が楽しめます。

トレッキング「天狗倉山」

今日は次女・三女・妻と4人で「天狗倉山(てんぐらさん)」。

まずは熊野古道馬越峠海山側の石畳の登り口から馬越峠をめざします。

峠から分岐した登山道を30分ほど登ったところにある、標高522mの山です。山頂は大岩で鉄のはしごで登ります。尾鷲湾が見渡せるます。

トレッキング「多度山」

今日は「多度山(たどやま)」

山麓にある多度大社は「上げ馬神事」で有名な神社です。そこの駐車場にクルマを停めて、標高568mの山頂をめざします。健脚コースはやや険しいものの最短距離で登ることができるのでこのコースを選択。約一時間ほどで山頂へ到着。木曽三川や濃尾平野が見渡すことができ、眺望も素晴らしいものがあります。名古屋市の夜景が楽しめるスポットでもあります。でも車道は極めて狭く、クルマで行くところではありません。

 

昼食は岐阜柳ケ瀬のおそば屋さんでした。

トレッキング&大学生

この夏は熊野古道伊勢路をメインに歩きましたが、秋は三重県内の山のトレッキング。

第一日目は「経が峰」、標高820mの初心者向けの山だそうです。
山頂まで2.3kmの駐車場に車を停め約1.5Hで山頂へ到着、伊勢湾と三重県北中部が一望に見渡せます。
天気が良ければ富士山も見えるようです。気持ちいい風が吹いていました。

下山で途中道を間違え1Hほど余計に歩くことに。事前にルートを確認しておくべきでした。

でも、まさかトレッキングに行くようになるとは。

あと、今日からワタクシ大学生になりました。
京都芸術大学通信教育学部芸術学部芸術教養学科の3年次編入学です。
日本文化を中心に学びたいと思っております。

熊野古道 伊勢路finish

熊野古道伊勢路も熊野三山詣でをもって一応finish。

実は7/29.30に熊野速玉神社・神倉神社・熊野那智大社・熊野本宮大社、ついでに果無集落や高野山を巡ったのですが、
8/12.13に鬼が城・丸山千枚田・湯の口温泉・那智の滝・補陀落山寺を娘たち4人と夫婦で訪れました。

熊野古道伊勢路の仕上げは「大門坂」
ここは熊野詣で栄えた当時の面影を特に美しく残しており、聖地「那智山」へと全長約600メートル、高低差約100メートルの石畳が続きます。
登り口にそびえる樹齢約800年の「夫婦杉」などが、参詣者を出迎えます。

「夫婦杉」でお決まりのツーショット

「鬼が城」太平洋の波が押し寄せる奇岩の岸壁を歩くご一行。

「丸山千枚田」稲わらの懐かしいかおりと風が気持ちがいい。

「那智の滝」この滝を目にしたら誰もが「神」を感じるでしょう。日本神道の原点アニミズムは巨岩や滝、山など自然に神の存在を見出したのですね。

熊野古道 伊勢路6

今日は二木島(にぎしま)峠と逢神(おうかみ)坂峠。
ボクたち夫婦と次女の三人。

JR新鹿(あたしか)駅の近くの駐車場にクルマを停め、11:45発JR紀勢線列車で次の駅二木島まで、僅か5分でした。
二木島は神武東征の際に上陸した伝承地の一つとされています。

古くから捕鯨の里として知られる二木島から古道にはいると、ほぼ全区間に苔むした石畳が通じていました。
ジブリの映画みたいな雰囲気です。「逢神」とは、伊勢と熊野の神が出会う場所という意味で、かつては狼が出没したためという説も。

次女の写真のキャプションは「疲れた夕子と薄情ダディ」ダディとはボクのこと。
距離は約5km、時間は2時間、八月の蒸し暑い気候での山歩きなのでそれなりに体力と水分を消耗します。
でもボクは結構夏に強くかえって元気になるようです。調子に乗って一人でどんどん進むので薄情と非難されております。どうもすみません。

無事に新鹿まで歩き通し、帰りに尾鷲の海洋深層水のお風呂に入って汗を流し、鈴鹿に帰還、今日もおいしいジンリッキーを頂きました。